セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 決断して、、、その後どうですか? 』 SA事業部 首都圏営業部 部長 田中

0
    profile_tanakah.jpg




    最近街中で、新卒で頑張っている方を目にします。
    なぜか名刺交換をせがまれたり、
    突然アンケートで止められたりと(笑)




    でも、何だか一生懸命働いているその姿に、
    心を打たれる自分もいたりします。




    4月から入社した2012年新卒における採用市場においては、
    各企業においても採用予算は維持・増加傾向にあり、
    採用意欲はどの企業においても回復傾向にあったと思います。




    もしかしたら、学生さんにとっては、
    ある程度内定をとること自体は、
    そこまで難しくなかったのかもしれません。




    ただし、学生さんにとって1番難しいのは、
    内定をとることもそうですが、それよりも、
    数多くの企業から、1社に決断することだと思っています。




    先日こんな記事を目にしました。




      2013年新卒入社の方の、3月時点の内々定率は、
      8.8%と非常に低い水準になっている。
      これは企業の内々定出しが、広報開始時期の、
      後ろ倒しにあわせて遅れていることが原因と考えられる。
      内々定保有者の今後の活動では、
      「内々定先に不満なので続行する」が82.2%と、
      活動を継続する割合は高い。」と。




    「内々定先に不満なので続行する」が82.2%。
    この記事に凄く、もどかしさを感じました。




    内々定を企業が出す前には、
    最終面接でこんなやりとりがあったはずです。




    「うちの企業に来てくれるんだね?」




    「はい!行きます!」




    そんな状況を想像すると、
    あの「はい!行きます!」は何だったのか?と思ってしまいます。




    決断すらできず、口だけだったのか。
    決断に対して揺らぐ人が多いのか。




    いずれにせよ、人生のこの岐路にいる就職活動生に対し、
    心の底から自分の人生の岐路なわけだから、
    もっと真剣に1社1社と向き合ってほしいと、
    この記事を見て強く思いました。




    決断すること。




    意志をはっきりと決定することがその定義です。
    ただし読んで字のごとく、他を断ち、1つを決めるということです。
    これが本当にできていれば、内々定先に不満だから、
    就職活動を続行するなんてことにはならないような気がします。




    要は、決断というものに対して、
    甘く考えすぎなんじゃないかなってちょっと思います。




    決断ってもの凄く重要なんです。




    なぜなら、決断して入社することが、
    実は入社後の成長に1番影響するのではないかと思っています。




    辛いこともあるでしょう。辞めたくなることもあるでしょう。




    でも、どんな状況があったとしても、
    この会社に行くと様々な人生の選択肢から決めたのは、
    誰でもない、自分なわけです。




    自分の下した決断を、正解にしたいと誰もが思うと思います。




    どんな苦境に立たされても、決断したシーンに立ち返ることで、
    それが支えになり、目の前の山を乗り越える、
    重要な力になるのではないかと思っています。




    そして様々な企業から1社決断し社会に飛び込んできたのが、
    今の2012年入社の新卒です。




    色々と悩んで今の企業に入社を決めたのだと思います。




    今の状況はいかがでしょうか?




    きっと、それぞれが色々な想いでいるのではないでしょうか。




    1度決めた会社です。
    まだ半月です。




    自分の下した決断に対して、
    しっかりと責任を持ってほしいと思うし、
    目まぐるしく毎日を送っている中で、
    絶対に入社する時の志だけは失わないで欲しいと思います。




    私は、新卒入社して7年が絶ち、4月から8年目を迎えました。
    決断して入社したこの企業に対して、様々な苦労、
    それこそ新卒時代が1番色々なことに悩みましたが、
    今になって改めて、多くの感謝をしている自分がいます。




    まずは時間に対する考え方を学べたこと。




    俗に時間に対して良く言う言葉として、、
    仕事をしている時間は、、、
    完全な無駄遣い・・・・つまり浪費なのか?
    特にプラスもマイナスもない・・・・つまり消費なのか?
    プラスでしかない・・・・つまり投資なのか?
    とカテゴリーを分けられて考えられたりします。




    この考え方1つで、仕事をしている時間が、
    その人にとってどういう時間になるかは、
    大きく影響するなと非常に感じています。




    正直、就職活動をはじめた時は仕事の時間は、
    嫌な時間だと想像していました。




    それが、今は全く違うのです。




    きっとこの考え方に紐づいて、
    今の自分がいるのではないかと思っています。




    僕がある時出会い、大切にしている言葉をここで1つ。




    「短い人生は時間の浪費によっていっそう短くなる」




    ぜひ、皆さんには浪費ではなく投資をして欲しいなと思っています。




    そして、この会社に1番感謝をしていること。




    それは人の出会いです。




    人が一生で出会える人数は、その辺ですれ違う人も含めて、
    平均3万人と言われています。
    そのうち、近しい関係になる人が3000人。
    親しく会話を持つのが300人。
    友人と呼べるのが30人。
    親友と呼べるのが3人。





    この会社の最大の強みはまぎれもなく社員だと、
    元人事をやっていた僕も思います。




    その中で出会えたこの会社、
    そしてそこに関係する様々な方との出会いを、
    本当に大切にしたいと心から思っています。




    これだけ良い仲間と、これからもっともっと、
    ミッション・ビジョンの達成の為にも頑張っていきたい
    と思っています。




    入社1年目の皆さん。




    今は大変なこともたくさんあるでしょう。
    でも、自分で下した決断です。
    自分で下した決断が、「正しかった」ことを、
    自分自身で証明して下さい。




    偉そうなことばかり言いましたが、
    僕自身もより一層精進致します(笑)










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM