セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 内定者 』 セントメディア SA事業部 事業部長 村上秀夫

0
    profile_murakami.jpg
    セントメディア SA事業部 事業部長 村上秀夫

    3月中旬となりました。
    もうすぐ4月を迎えます。

    4月には80名ほどの
    新卒社員が入社してきます。
    今は各部・各社において
    事業部研修を行ったり、
    先輩社員との顔合わせなどをしている頃です。

    ちなみに先日、
    ある事業部の研修において
    研修実施前に内定者に対して
    ある課題を出させてもらいました。

    その課題は何かというと、
    「これから社会に出るにあたり
    働くとはどういうことか?」
    「給料をもらうとはどういうことか? 」
    を当社と関係ない経営者に
    インタビューさせてもらい、
    その話を受けて
    自分なりに導き出した答えをプレゼンせよ。

    という課題です。




    お題から発表まで
    期間も1カ月弱程度でしたが、
    各々が自分なりの活動をしてきてくれました。

    好きなフリーペーパーの発行経営者に
    突然のテレアポして
    大阪から岡山まで行ってきたり、
    ある者は、とにかく数をこなすべきだと
    10名くらいの方に話を聞いたり、
    どうしても見つからない者は、
    今まで真面目な話などしたこともない
    自分の親戚の方に話を聞いてみたり、、

    個々の努力をし、
    そしてアウトプットしてもらいました。

    パワーポイントや口頭で
    発表してもらったのですが、、

    自分で事業を打ち立てている
    経営者達の話は、
    建設や飲食、出版、ネットなど
    分野は違えど、
    共通している点が非常に多かった。
    聞いていて、そう感じました。




    働くとは、辛いことが
    たくさんあるものだ。
    でも、なりたい自分になるためや、
    やりたいことを行えるようになる
    成長手段でもある。

    給料とは、他人や会社から
    与えてもらうものではない。

    顧客や社会や会社に成果、
    利益貢献し、その対価として
    自ら得るものだ。
    何なら自分の給与額は
    自分で決めたらいい。

    といったものです。






    これから社会に飛び出そうとする
    内定者にとっては、
    とても大きな気づきだったろうなと思います。
    また我々も改めて、目的意識を持って
    動いていく必要性を感じさせてもらいました。

    人それぞれによって、
    自分なりの働く目的は違えど、
    自分なりの目的を見失なうことなく
    日々の仕事に向き合ってほしいと思っています。

    セントメディア SA事業部 事業部長 村上秀夫

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM