セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 東証一部に上場しました。 』 セントメディア 代表取締役社長 大原茂

0
    profile_ohara.jpg
    セントメディア 代表取締役社長 大原茂

    本日、私たちウィルグループは
    東証一部に上場することができました。

    これもひとえに、自分たちを信じて
    ご依頼くださったクライアントさん、

    そして、それに応え続けてくれた
    社員たちのおかげだと思っています。

    また、弊社で働いている
    たくさんのスタッフがいてくれた結果からだと
    心から感謝いたします。




    役員、部長、マネージャ、
    そして10年以上の勤務社員で
    東京証券取引所に集まり、
    その喜びを分かち合いました。

    恒例の鐘は、先頭に立ってこのグループを
    牽引してくれた部長たちに鳴らしてもらいました。
    嬉しそうに鐘を鳴らす部長たちを見ながら、
    いろんなことが蘇ってきました。

    それこそ、思い出すのは嬉しいことよりも
    苦しい時の事ばかりです。

    何度も何度も会社を継続していくことを
    諦めそうになることがありました。

    しかしそんな中、社員一人一人が
    自分や仲間の可能性を信じ、
    それこそ根拠なき自信で
    チャレンジし続けてきたからこそ、
    今日この日があったのだ思っています。








    ですが。
    昨年、二部上場。
    そして今年、
    一部上場をしたのですが、、








    なぜだか。
    嬉しさは、あまりありませんでした。
    もっと感動し、もっと喜べるものだと
    思っていました。








    昔、あれだけ成し遂げたかった上場なのに、、、。








    なんでだろう?と考えていたのですが、
    明確なのは、
    「自分達はまだ何にもやり遂げてないから」
    なんです。








    「こんなレベルで喜べるかよ」というのが、
     心の中にずっとあるんです。








    むしろ、
    初めてビッククライアントで
    シェアNo1になった時とか、

    東京に出てきて、
    初めて支店売上が
    月間1億を突破したときのほうが
    断然うれしかったんです。




    今、むしろ
    社会的責任を強く感じています。

    この責任の重さを考えれば、
    東証一部に上場したからと言って
    喜んでる場合ではない、、
    と実感しています。

    東証一部上場企業が
    1800社ある中で、
    私たちは
    一番末席の1800番目。

    この一部上場のステータスも
    マイルストーンの
    ひとつでしかありません。

    まずは2020年の掲げた目標に向け、
    全力で駆け抜けたいと思っています。

    そしてその先、
    自分たちのサービスカテゴリーで
    No1事業を数多く産み出し、

    ウィルグループがあるから
    世の中がポジティブになってるね、、
    と言われるぐらいのブランド力を持った時、
    初めて心の底から喜びたいと思っています。

    個人としても企業としても
    未熟な部分も多く、
    ご迷惑をおかけすることもありますが、

    これからもご指導ご鞭撻の程、
    よろしくお願いいたします。




    Stay hungry , Be more crazy




    平成26年12月19日
    株式会社セントメディア
    代表取締役社長 大原茂


















    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM