セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 部下は上司を助ける 』 戦略推進室 取締役 室長 告野

0
    profile_tsugeno.jpg



    みなさんは、上司と部下の関係についてどう思いますか?     
         
         
    僕自身は立場が上がれば上がるほど
    人間性や知識をつけなくてはならないと思っている。     
    会社経営において、
    すべての責任は『長』にあるからである。     
    よって、僕は、
    支店長よりマネージャー、
    マネージャーより部長、
    部長より事業部長に厳しくするし、     
    要求レベルも高くしていく。     

         
    立場が上がれば上がるほど
    大変になっていくと感じるだろう。     
    それは僕から言わせれば当然だと思っているし、
    だから、上司になればそれだけ報酬は上がる。     
    (もっと欲しいと思うだろうけど…)






    会社経営において、上司というのはすごく重要だと思う。     

    ・上司以上の部下はできない。
      もしそうなれば上司交代である。     

    ・上司と似た価値観や仕事ぶりの部下になっていく。     

    ・上司の戦略や方針によって部下の成果も変わってくる。     

    会社全体の経営なら社長、事業部なら事業部長、
    支店なら支店長でほぼ決まるといっても過言ではないと思う。


    社長は役員を、
    役員は事業部長や部長を、
    部長はマネージャーを、
    マネジャーは支店長(LD)を、
    支店長(LD)はメンバーに対して
    徹底して厳しく指導し、成果を求めていかなければならない。     
    (部下育成・人間性・知識などをである。)     






    最近、僕はこの『逆』も非常に重要と感じている。

         
    メンバーは支店長を、
    支店長はマネージャーを、
    マネージャーは部長を、
    部長は事業部長を、
    事業部長は役員を、
    役員は社長を支援することが重要
    でもある。     






    それぞれのポジションで部下のみなさんは
    上司が悩んでいるということを
    理解してあげることが重要です。
    業績の問題・人の問題・仕組みの問題など
    常に悩んでいるもんです。


    もちろん、メンバーも悩んでいるし
    辛い事もたくさんあると思うが、
    上司はメンバーよりいろんな事を考え悩んでいるもの
    です。     


    メンバー達をどうやって育てよう。
    業績をあげて給与を上げてあげよう。
    と思っている上司が近くにいるもの
    です。     


    そんな上司を支援したり
    一緒になって考えてあげる部下であってほしいと思う。
    メンバーが上司を守ろうと思ったり、
    上司のために必死で頑張り業績を
    あげようとしている姿勢を見ると
    上司は元気をもらうし、組織的にも
    非常に活気が出てうまくいくことが多くなる
    だろう。
    上司が部下を守るのは当然だし、
    周りもそんな事は分かっている。     






    部下が上司を守り助ける。     





         
    会社において、
    そういった組織文化になっている会社は強いし
    これからも成長していける
    ように思う。





    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM