セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『 イチロ―頑張れ 』 戦略推進室 取締役 室長 告野

0
    profile_tsugeno.jpg




    先日、メジャーリーガーのイチロー選手が電撃移籍しました。
    シアトルマリナーズから名門のニューヨークヤンキースです。




    数年前から噂はありましたが知ったときは本当にビックリしました。




    イチロー選手は移籍の理由を会見で、

    …稾造靴討い襯繊璽爐縫戰謄薀鵑亮分みたいな選手が
     試合に出場するより来年を見据えて若手に譲るべきと考えたから

    ⊆分に刺激を与えもう1度モチベーションをあげたかったから




    これを経営的視点で見ると、
    チームは負けているし、イチロー個人の成績も、
    数年前のようにいいとはいえない現実がある。
    イチローの高額年俸を支払うのは高すぎると
    経営側は判断しての決断だと思うが、
    10年続けて実績を残してきた選手に対しても、
    厳しい経営的判断するそのスタンスには、学ぶべきものがある。




    もう一方で、これだけのスーパースター選手を
    引き留められなかった事もあるのではないかと思う。




    10年前ほどからマリナーズは、
    選手を補強してもうまく機能せず低迷を続けている。




    イチロー選手も毎年のように、
    残り少ない野球人生で優勝を経験したいと球団に主張していたが、
    なかなか優勝争いすらできない状況が続いていた。
    そうなるとイチロー選手であっても、
    モチベーションの維持継続が難しかった部分もあると思います。




    会社経営においても、
    ・業績を上げる人材
    ・人間的に魅力ある人材
    ・仲間に刺激を与える人材
    が継続して活躍できるフィールドを用意していくことが大事だし、
    また、外部の優秀な人材に、あそこの会社に入ってみたいと、
    思ってもらえることが大事です。




    そういう会社になりたいし目指していかなければならないと、
    感じさせられた出来事でした。。




    この電撃移籍には、イチロー選手の思惑と、
    球団の思惑が一致したから成立したんだろうけど、




    イチロー選手のコメントで、
    『1番負けているチームから1番勝っているチームに移籍する。』
    という言葉があった。




    やっぱり、勝っている強いチームで優勝争いをしたい。
    が本音だと思う。




    イチロー選手には、頑張ってもらいたい。










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM