セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『キムタクは確かにかっこいい。でも、、、』 SA事業部 首都圏営業部 部長 田中

0
    profile_tanakah.jpg




    キムタク?
    確かにかっこいいですね〜。




    向井理?
    最近よく見るし、確かにかっこいいですね〜。




    まぁ見た目であれだけ圧倒的なかっこよさを誇っていれば、
    誰もがかっこいいというのは分かります。
    でもですね、自分自身ここ数年で、
    昔とかっこいいと思う男が変わってきました。




    あっこれ、別にキムタクと向井理に対して、
    ジェラシーが湧いているわけではありませんので(笑)




    例えば、僕がかっこいいなと思う人は、、、
    ・どんな時もおおらかな人
    ・誰とでもきちんと向き合える人
    ・意見が食い違っていても最後まで相手の話を聞ける余裕のある人
    ・自分に非があればあっさりと認められる人

    などなど。




    何でしょう。人としての中身の部分のかっこよさに、
    目が向いている自分がすごくいます。
    昔がどれだけ単純だったかっていう話ですが(笑)




    でもその中でも、僕が1番かっこいいなと思う男の条件は、
    どんな時も等身大でいれる人です。




    これって本当に難しい。




    見栄を張りたくなる時もあるでしょう。




    仕事で勤務歴が長くなればなるほど、
    年齢を重ねれば重ねるほど、立場が上に行けばいくほど、
    ついつい知ったかぶりをしてしまうこともあるかもしれませんし、
    なかなか素直になりきれないこともあるように思います。




    逆に、入社1年目とかの若い方の方が、
    ものすごく等身大で入れてる気もしますし、
    自分自身を見たときに、年を重ねる毎に、
    自分自身がちゃんと等身大で入れているのか、
    不安になったりもします。




    わからないものはわからないと言う。
    自分自身の弱点は弱点で認める。
    誰からの意見でも、参考になるのであればしっかりと聞く。




    誰しも自分自身と向き合う場合に、
    弱い部分と向き合うのは大変だと思います。




    そして、それを素直に認める事は、
    もっと難しいと思います。




    よくメンバーにも話すのですが、
    弱みを見せることができる人って、
    本当に強い人だな〜と思います。




    きっと、幾ら弱みを見せようが、
    それを補うだけの強みがあるからこそ、
    素直でいれるのかなと。




    「弱みを見せれる強さを持つ人」

    どんな時でも等身大でいれる男になれたらなと、
    最近すごく思っています。




    成長する上での源泉は素直さだとよく言いますね。
    きっと等身大でいつでも入れる人には、
    いろんな言葉もかかるでしょうし、
    成長するのもきっと早いんじゃないかなと。




    そう考えると、等身大でいることが、
    これからの成長にも大きく響くのではないかとも思います。




    かっこいい男。




    なかなか定義は図れるものではありませんが、
    仕事も含め、自分磨きも頑張り、人として、
    どんどん成長行きたいなと思う今日この頃です。










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM