セントメディアBlog|これからのビジネスを語る

『ラグビー日本代表の飛躍』 セントメディア 代表取締役 大原 茂

0

    profile_ohara.jpg
    セントメディア 代表取締役社長 大原茂

    1か月半に渡るラグビーのW杯がニュージーランドの優勝で幕を閉じました。


    ラグビー好きの私にとっては至福の時間でありました。


    あらゆるところで日本代表の健闘を称えられ、更には注目を浴びることで
    古くからのラグビー好きの私にとっては本当に非常に喜ばしい結果となりました。


    年間に数十試合を現地観戦し、
    2人の息子にも3歳からラグビースクールに入れている私自身ですが、
    一度もラグビーをしたことはありません。


    いつからかラグビーの魅力に取りつかれ、今となっては、

    セントメディア社として今回のW杯の日本戦ではJSPORTSでCMを流したり、

    トップリーグ、大学生の試合でもCMを流したり、

    また追手門学院の女子ラグビー部に協賛したりと、

    微力ながらラグビーの発展に支援をさせていただいております。


    今回の日本代表の躍進の裏側には、

    企業にも活かされるヒントがたくさん詰まっていたと思います。


    小さな企業が大きな企業にいかにして勝つのか?

    まさしく、ラグビー日本代表が示してくれたと思っています。




    1.練習量

    無駄に長い時間をかけた練習では意味がない中で、自分たちの弱みを補う、

    理にかなった世界一の練習量を実践してきた日本代表。


    有益で、選手自身も納得の上の量だったと思います。


    そして、その練習を乗り越えてきたという自信が、

    何よりも精神を強くしたのではないでしょうか。


    2.分析力

    相手チームを徹底的に研究し、

    どこをどう攻めたら勝てる確率があがるのかを調べつくした結果だと思います。


    さらに南ア戦のレフリーをわざわざ、日本の親善試合に招くことで、

    レフリングの癖までをも研究するスカウティング力があったからこそ、

    試合前の段階で、大きなアドバンテージを生み出し、

    想定内で試合を進められたのでは、と感じています。


    3.選手の自立

    南ア戦の最後のペナルティー。


    ヘッドコーチからのペナルティーショットで引き分け狙いという指示に、

    選手たちは引き分けではなく勝つためにスクラムを選択します。


    人数の優位や様々な観点から、ヘッドコーチの指示ではなく、

    自分たちの感覚という肌感を大事にした結果、逆転に繋りました。


    これって、まさしく「小さな会社が大きな会社に勝つには」と同じだと思います。


    練習量は仕事量に置き換えられ、

    分析力は競合企業の分析だと捉えられ、

    選手の自立は社員の自立と考えられます。


    おそらく、どこの企業でもやっていることでしょうが、

    やはり「どこまでこだわってやりきるか」に尽きるでしょう。


    そして、これをやらせきるトップというのは本当にすごい存在だと思います。

    (改めてエディー・ジョーンズ監督は凄いです)


    その背景には、「日本ラグビーの歴史を変える」という想いがあったのだと思います。


    ONE FOR ALL, ALL FOR ONE.


    ラグビーでよく耳にする言葉だと思います。


    一人はみんなのために、みんなは一人のために、、、、と。


    でも、これ実は、意味が違うんです。


    最初のONEは一人で正しいですが、最後のONEは一人ではありません。


    一人はみんなのために頑張るのですが、

    みんなは一人のために頑張るのではないのです。


    みんなはひとつのために、、

    すなわち、ひとつというのが目的=VISIONなのです。


    「一人はみんなのために、みんなはひとつのために、、、」

    そして、この“ひとつ”というのが、

    日本ラグビーの歴史を変えるために、、なのです。


    会社も全く同じです。


    同じ目的を全社員で共有しているからこそ、成長できるのだと、、。


    一人はみんなのために、みんなはひとつのために、、。


    本当にこれが出来ている会社は強いです。強くなります。


    私自身も、そんな会社にしたいと思っています。


    競合の大企業に勝つために、

    仕事量を世界一やってきているという自信と競合分析を徹底的に行い、

    接近戦で負けない戦い方をし、マニュアル通りのサービスではなく、

    社員たちが自らでサービスを創りだす、、。


    妥協なく、このような事をやりきることが、

    ビジネス界で「ジャイアントキリング」を起こすのだと改めて確信しました。


    そして、今回のラグビー日本代表のように

    このプロセスが勝利という結果につながらなければ、

    この努力は徒労でしかありません。


    努力を自信にかえるためにも、結果にこだわるトップであり、

    企業であり続けたいと思っています。


    セントメディア 代表取締役社長 大原茂


    『規律ある文化』 セントメディア 取締役 坂本 竜

    0


      セントメディア 取締役 坂本 竜

      最近世間を騒がせる日本企業の不祥事が相次いでいます。
      このようなニュースを聞くと、
      本当に驚くことが多くあります。


      その不祥事も起こしたくて起こしている訳ではないと思いますが
      その企業自身の信頼を落とすだけでなく
      グローバル社会においては、海外投資家の日本市場における信頼にも関わってきます。


      その不祥事をもとをたどればいろいろな要因があります。
      リーマンショックで経済的な影響を受けたり
      東日本大震災などの自然災害を受けたり
      その流れで、大きな損失が出てしまってやむを得ず。。


      あとは、企業経営をしていると、
      大きなリスクを取って成功を祈り、チャレンジすることは当然のことで、
      成功もあれば、失敗して同じく大きな損失がでるこもあります。


      ただ、重要なことは、失敗した時に、
      その現実と、どのように向き合っていくかの思想です。


      この思想の根源に、
      「規律ある文化」がとても大事ではないかと感じています。


      何が、「良し」で何が「悪し」なのか?


      「悪し」であるにも関わらず、
      それを遂行し、社員たちにも強制する。
      数年続くと、当たり前の文化になってしまうのかもしれません。


      これは、上記の様な大きな話だけではなく
      日常の会社内でも、大小あります。


      例えば、
      期限を守らない。
      挨拶をしない。
      未達成慣れしてしまう。
      など





      僕たちの会社も創業して間もないころは
      社員数も少なく、注意すれば全員に聞こえるぐらいの距離感でしたので
      規律は守られます。


      それが、徐々に社員数が増え、拠点数が増え
      いろいろな考え方の人間が増えてくると
      規律が乱れたり、大切な考え方が浸透していかなくなることが考えられます。


      この状態に陥る可能性については非常に危機感を感じますし、組織の弱体化を示します。


      「怒れない上司」みたいな記事をよく見かけますが
      「優しい上司がいい」と、勘違いする上司も、部下も出てくることもあるでしょう。
      本当に重要な事は、良くないことは良くないと指摘し
      その人間が規律を守ることができるように支援できる上司であり
      それを当たり前のようにできる、規律の整った文化です。


      一瞬、人間関係がぎくしゃくするかも知れませんが
      良くないことを、そのままにしておくと、その組織は腐っていきます。


      たとえば、
      「過去にきめたルールが守られない。」というような組織課題。


      決められたルールを守らなくても指摘されなければ
      もはや守らなくていい。になります。


      それを繰り返していくと
      決めたことが何もできない組織になります。


      そんな時は上司、部下、先輩、後輩関係なく
      「おかしいです、決めたことを守りましょう」と指摘できる文化
      お互いに、いい緊張感を持たせられる文化
      この考え方を忘れてはいけないと、改めて感じます。


      改めて、規律ある文化を作っていきましょう。


      セントメディア 取締役 坂本竜


      『 父親の死 』 セントメディア 代表取締役社長 大原茂

      0

        profile_ohara.jpg
        セントメディア 代表取締役社長 大原茂


        私事で恐縮ですが、
        先日、病院から父が危篤だと連絡があり、
        父が入院している実家近くの関西の病院に向かいました。

        兄弟3人とも東京に住んでいるのですが、
        慌てて帰ったら、、
        苦しい呼吸の中、父親はまだ頑張ってくれていました。
        辛くしんどそうな父親をみてると、、
        今まで十分頑張ったんだから、もう頑張らなくてええよ、、。
        はやく、婆ちゃんとこへ行っておいでよ、。
        自然にそう言葉が出ました。

        数日後、父親は息を引き取りました。
        入院も長かったし、ある程度覚悟はできてました。
        そのせいか、その事実を受け入れることもでき、涙も出ませんでした。

        通夜の直前、布団に寝かされていた父親が棺桶に入れられました。
        最後の別れをしてくださいと言われ、父に触れた時、
        冷たくなった顔、握り返してくれない無反応な手、、
        その事実が受け入れられず、一気に涙が溢れました。
        厳しくも温かく育ててくれた父親に、何も親孝行ができなかったと
        自分でも抑えられないくらい、大声で泣いてしまいました。

        頭の中にあったのは、、後悔ばかり。
        もっと近くに住んであげて、面倒見れなかったのか。
        父親に誓った上場を、元気なうちにできなかったのか。
        泊りに来たいと言ったときに、なんで忙しいと断ってしまったのか。

        なんで、もっと一緒に旅行とか行かなかったのか。

        なんで、もっとたくさん実家に帰らなかったのか。

        なんで、もっと優しくしてあげなかったのか。

        なんで、なんで、、なんで、、、の後悔しかでてこなかった。

        振り返れば、僕の大きな決断の時にはいつも父親がいた。
        独立するとき、結婚するとき、会社をバイアウトしてセントメディアに合流するとき。
        大きな心で、迷う僕を後押ししてくれた。
        一番の良き理解者だった。

        父親の死をきっかけに父親の軌跡を遡れば遡るほど、
        たくさんの愛情を僕ら家族に注ぎ、そして家族のために
        一生懸命まっすぐ生きてきたんだなと理解できた。
        過去理解できなかったことも、家族のことにやってくれたんだと分かった。



        たくさんの後悔とともに、親孝行というもについてずっとずっと考えた。
        やっぱり一番の後悔は生きてるうちに感謝の言葉を伝えなかった事。
        「おやじ、、俺を育ててくれてありがとう。この家に生まれて本当に良かった」って。
        それが、僕の一番の後悔だった。

        もう伝えることはできないけど、親孝行はこれからもできると思っている。
        親孝行にはゴールはないし、何をやったら本当の親孝行かなんてわからない。
        でも、僕に子どもが生まれたときに自分の子どもに思った感情がある。


        「別に偉くならんでもええ、、どうかまっすぐで元気に成長してほしい」。

        僕は、自分の子供にそう思った、、。

        子供が生まれたとき、世の中のほとんどの親ががそう思っているだろう。
        だから、父親も今から46年前に、僕にそう思ったに違いない。
        だから、これからもずっとずっと、健康でまっすぐに成長をしようと思う。
        一生懸命、毎日毎日を全力で生きようと思う。

        それが、父親が死んだあと、これからもできる親孝行だと思う。
        父親を亡くすってことは、たぶん誰もが通る道。


        社員達にも父親がいるはず。
        だからこそ、改めて両親にありがとうと言う感謝の言葉を伝えてほしい。
        そして、親孝行にはたくさんの種類があるけども、
        両親が自分が生まれたときに願ったこと、

        すなわち、毎日健康で今をまっすぐ一生懸命生きる、、、。

        そうすることが、今できる親孝行なんかじゃないかなって思う。

        セントメディア 代表取締役社長 大原茂


        『責任』セントメディア SA事業部 取締役 事業部長 村上秀夫

        0


          セントメディア SA事業部 取締役 事業部長 村上秀夫

          昨今の日本経済市場を見ると、

          日経平均株価はここ1年で140%を超える成長率を示し、国の法人税収が大きく見積もりを上回るような好調を示すなど全体的に右肩上がりの様相であります。

           

          多くの企業が増収増益を果たし、大きく事業成長を遂げていますが、

          一方で過去最大の赤字決算を出したり、想定外のサービス低下を起こしたり、、と右肩下がりの実績を示している企業もあります。

           

          安定的に成長しており、盤石な組織体制だったのに、、まさかあの企業が?

          といった驚きの報道もいくつもありました。

           

          この差は何なのか考えさせられます。

           

          私なりの見解としては、共通している事象として

          「責任転嫁」という言葉が当てはまるのではないでしょうか。

           

          かつては、複雑な事業構造がなくシンプルな事業構造でした。

          それが今は、様々な企業の利害が絡みあうような構造と変化してきてます。

           

          また、様々な情報通信機器が発達し、結果、、現地現物を自分の目で見ていなくてもある程度の情報が気軽に手に入るし、メールなどによって対面の対話をしなくても相手の人とコミュニケーションが取れる状態となっております。

           

           

           

          その結果どうなるかというと、、

          複雑な事業構造、組織構造は他人に責任転嫁しやすくなります。

           

          あの会社がきちんと仕事をしなかったから我々が被害を被るんだ。。

          あの部署が本来はこの仕事もやるべきなのに。。

          こんな前向きなメールが来てたから、大丈夫なはずだ。。

           

          などなど。

           

           

          またこういった思想、行動が社内で巻き起こっているのに、経営者はそこに気づかない。

          目を向けきれていない。

           

          こういった事が生まれやすくなっているのでは?と思います。

           

          過去も、現在も、これからも一人一人が自分の責任をしっかりと取りきる。

           

          これが社会で成功をするための最も大事なことではないでしょうか。

           

          組織が大きくなるにつれ、一人一人が自分の仕事の責任を取りきれないのでは困ります。

           

          上司が現場任せにして、本来我々が提供すべきサービスが提供されていないのであれば、それは上司の責任であるに違いないです。

           

          自分たちで決めた会社の経営方針の責任を取りきれない経営者は無能であると言わざるを得ません。

           

           

          責任 

           

           

          というとても多く耳にする言葉ですが、その本質の意味をとらえ、どれだけの行動に転嫁できるかどうかがとても大事なように思えます。

           

          我々もしっかりと社会的責任を果たせるような企業を目指していきます。

           

           

          以上
           

          セントメディア SA事業部 取締役 事業部長 村上秀夫


          『真剣勝負。』 セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜

          0

            セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜

             
            僕は戦争映画や、いわゆる男の美学、
            男のロマン系映画が好きで
            (ロマンって死語でしょうか・・・)、
            有名どころのDVDはだいたい持っています。

            僕の人生の中で
            恐らく一番回数を見ているのが
            「ヒート」という映画で
            高額犯罪のプロ、ロバート・デ・ニーロと
            敏腕ロス市警のアル・パチーノの男の戦い。
            その戦いによって失う命や、
            様々な犠牲などの人生観を描いています。


            あと、戦争映画だと
            「アメリカン・スナイパー」
            「ブラック・ホークダウン」
            もちろん「プライベート・ライアン」も
            好きです。


            日本の武士の生き様も
            すごく勉強になります。
            敵がいつ奇襲をかけてくるか
            分からない中での生活。
            勝てるかどうか分からない戦に
            命をかけて向かう姿。


            あの、生きるか
            死ぬかのやり取り。
            まさに真剣勝負の連続です。


            それを自分の生活に置き換えた時に
            本当にまだまだぬるい。
            もっと真剣勝負をしないといけないと、
            自戒の念を込めて思います。



            時代が違うといえば違いますが、
            それぐらいの気迫と、
            危機感を持って仕事をすることは
            強い組織を作るうえで必要な事だと思います。

            今のビジネスシーンに置き換えると
            生死をかける事はなかったとしても、
            同じことを行っていると考えられます。

            競合と戦って
            自分たちのシェアを高め
            有力なパートナーと業務提携を行い。
            優秀な人材を招聘し、
            自社の戦力を高めたり。

            仕事も毎日勝負です。

            「ゆでガエル」の例え話も
            そうかも知れません。
            常に職場は熱湯で、
            知らない間にゆでガエルになる。
            なんて事はあってはいけません。

            仲間同士も常に刺激し合い、
            切磋琢磨し、ぬるま湯ではなく
            組織としても、常に熱湯を
            感じるような環境づくりをするべきです。

            朝起きて、無難に目の前の
            仕事をこなすのと
            今日も真剣勝負をする。
            と意識して行動するのと
            結果や、やりがいは絶対に違います。

            僕たちはNO.1を目指す組織です。
            今一度、毎日が真剣勝負だと思い
            仕事に取り組みましょう。


            セントメディア OM事業部 取締役 事業部長 坂本竜


             


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << August 2016 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM